現役磐南生の学校生活や部活動での活躍を発信するコーナーです。
地学部 トンガ噴火の衝撃波を観測

1月15日にトンガ沖海底火山の噴火が潮位変動を起こしたと話題になった際の噴火の衝撃波「空振」と推測される気圧の変化を、地学部が観測した。 校舎屋上に設置された気象観測システム(デジタル気圧計)が捉えた...

詳細をみる
「創立100周年」告知横断幕 校内掲示

 校内に、母校が2022(令和4)年、創立100周年を迎えることを告知する横断幕が掲示され、生徒・教職員、学校公開日等に訪れる中学生等の眼に留まっています。  神田留鈴夢さん(2021年3月卒)が制作したシンボ...

詳細をみる
新校舎建設に向け 第二体育館等の解体工事進む

新校舎の建設が予定されている学校敷地の北東にある弓道場や第二体育館の解体工事が昨年12月から始まり、本年6月末までに完了する予定です。写真上=正面奥は武道場(2021年6月26日) 今後、テニスコートの撤去を...

詳細をみる
演劇部   県演劇研究大会で優秀賞受賞

~コロナ禍で無観客上演~ 昨年度は、新型コロナ感染拡大のため、部活動が満足に実施できない状況でしたが、そのような状況下で、演劇部は県大会に進むことができました。 第60回西部高等学校演劇協議会発表会(...

詳細をみる
地学部の研究成果 日経新聞紙上で紹介される

     東日本大震災から10年 地学部は、昨年7月南関東上空を移動した火球を撮影記録することに成功し、千葉県習志野市で見付かった隕石の落下位置の推定に貢献したことで話題となりました。 2月16日(火)の...

詳細をみる
「部室棟」解体工事完了

2022年度末完成を目途に進められている新校舎。本年度は校舎の実施設計と解体工事が行われています。11月には、「部室棟」の解体工事が行われ、11月21日に完了しました。部活動の仲間と過ごした思い出の残る部室...

詳細をみる
ヤング草莽塾・企画提案発表会で最優秀賞受賞

磐田南高から2チームが市政に施策を提案 11月21日(土)ワークピア磐田・多目的ホールにおいて、令和2年度ヤング草莽(そうもう)塾・企画提案発表会が開催されました。9回目を迎える今回のテーマは、「私が市長...

詳細をみる
コロナ禍の中で 国際交流の試み

マウンテンビュー高校生の日本語学習をサポート 1992年にマウンテンビュー高校(MV)との相互訪問が開始されてから間もなく30年を迎えます。本年4月には、MV高校生25名が本校を訪れる予定でしたが、新型コロナウ...

詳細をみる
コロナ禍の中 磐田南高校の生徒たちは今

◆◆赤塚顕宏校長から、学校の現状について御報告をいただきました。◆◆ 球技大会等の開催形態を工夫 令和2年度の1学期は、新型コロナウイルス感染症の影響により、はぐま祭等の生徒会行事や運動部、文化部の各種...

詳細をみる